仮想通貨投資の勉強

【第9章】ビットコインを実際に買ってみる+気をつけるべきこと

こんにちは。

仮想通貨トレーダーの山岡です!

 

前回は、

「ビットコインを安全に保管する方法」

をお伝えしましたがいかかでしたでしょうか。

⇐【第8章】ビットコインをより安全に保管するには

 

ビットコインは取引所にて保有しておくことも、自身のウォレットを作って保管しておくこともできますが、どちらにしてもリスクは存在するということを話しました。

 

今回は

ビットコインを実際に購入する方法

についてお話しします。

ビットコインを実際に購入する方法 オススメの取引所は?

前回の話を受けて、

結局どうしていいかわからない!

となってしまう人もいたと思います。

 

ただ、私の回答としては

少額なら取引所に保管するでもよいのでとりあえず一度購入してみる

ということをオススメします。

 

2019年8月現在でビットコインは1BTC=100万円以上の値段がついているので、気軽に買えなくなったと思うかもしれませんが、そうではありません。

 

ビットコインの購入単位は0.001BTCくらいなので、最低1000円程度から購入可能です。

 

投資で一番よくないのは

リスクに怖くなって何もしないこと

です。

 

なので、まだビットコインを保有したこともない!という人はとにかく最少限度で購入してみてください。

 

で、最初どの取引所で購入するのがよいかという話ですが、私は「bitflyer」をオススメしています。

bitFlyerlogo
⇒bitflyerのサイトへ

 

というのは、bitflyerには盗難にあった際の保険が付いているからです。

⇒(参考)bitflyer 国内初不正出金被害の補償を開始

 

盗難があった場合には、

最高額で500万円の補償がつく

可能性があります。

 

なので、少額ならbitflyer取引所のウォレットに保管しておいても大丈夫です。

(具体的な口座開設方法や購入方法は以下のサイトがわかりやすいです)

⇒bitflyer(ビットフライヤー)口座(アカウント)開設方法

 

(補足)
初心者におすすめする取引所に関しては時期によって変わってしまうことがあります。

以前bitflyerは新規の口座開設をストップしていたので、別の取引所をおススメにしていました。

(本ブログでも別の箇所では別の取引所をおススメしている可能性があります。なるべく最新の情報にするよう心がけます。)

気をつけなければいけないこと

気をつけなければいけないこととして、

2段階認証は絶対行うようにしてください。

 

2段階認証とは、通常のID,パスワードでのログインの他に追加でスマホアプリを使った認証だったり、メールアドレスを使ったりして、追加で本人が使用していることを確認するものです。

 

なぜ2段階認証を強く推すかというと、2段階認証をしないと盗難補償の対象にはならないからです。

 

かつ、2段階認証をしていない場合、セキュリティがものすごく低いです。

 

bitflyerに限らず大抵の取引所には2段階認証のセキュリティがあるので絶対に行うようにしてください。

(毎回ログインするとき手間にはなってしまいますが、しないで保管するのは非常に危険です。逆に2段階認証をしていればかなりセキュリティ的には安心感があります。)

まとめ

とりあえずは取引所にて口座の開設をしておかないと何も始まりません。

 

また、急に新しいニュースが飛び込んできて「今買いたいのに!」という時に取引所を開設していなければ機会損失になります。

 

なので、とりあえず取引所の口座開設はしておきましょう。

 

次回は

ビットコインを購入するタイミング

に関してお話ししていきます。

 

<次の記事>

⇒【第10章】ビットコインを購入するタイミング+してはいけない事

<前の記事>

⇐【第8章】ビットコインをより安全に保管するには



【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です