用語

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?に関する記事です。

新しい通貨の概念として注目が集まっている
仮想通貨

仮想通貨

新技術ゆえに、意味や違いがわからない用語が出てくることがあります。

今回は仮想通貨において、多くの方が疑問に思う
仮想通貨と暗号通貨の違い
に関して解説しています。


スポンサーリンク



仮想通貨と暗号通貨の違い

仮想通貨と暗号通貨の違い

結論からいうと、仮想通貨と暗号通貨は意味に違いはありません。仮想通貨という名称は、日本での通り名であり、海外では主に暗号通貨(Cryptocurrency)という用語が使用されています。

暗号通貨という名称に関しては、この分野の先駆けとなった通貨である「ビットコイン」の正式名称が
Cryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン)
と表現されていたので、暗号通貨という呼び名が世界で普及しました。

暗号通貨という名前の意味としては、「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味が込められており、よりこの通貨の本質がわかる名称です。

逆に「仮想通貨」という名前は、マスメディアなどがより一般の人にイメージしやすい名称として好んで用いています。

ただ、仮想通貨という名称に関しては、誤って、電子マネーなどのデジタル通貨とも同じ意味で使用されたりします。(電子マネーと暗号通貨の違いは別記事にて紹介していきます)

また、さらに広い意味をもつ「代替通貨」という名称とも同じ意味で用いられたりすることもあります。(代替通貨は貨幣の代わりになるもの全般を指し、電子的な通貨以外のものも含む)

簡単に仮想通貨と暗号通貨の使われ方を図にするとこんな感じです。

000110

※他にも、「デジタル通貨」や「バーチャル通貨」、「オルトコイン」といった名称もあったりするのですがまた別の記事にて解説していきます。

ただ、本来の意味的には以下のような使われ方が正しいです。

000147

本サイトで紹介する投資に使用する通貨に関しては「暗号通貨」であり、電子マネー等の意味は含まれていないので、基本的に仮想通貨=暗号通貨と捉えていただいて問題ありません。


スポンサーリンク



所感

本サイトでも仮想通貨投資という名前を使用しておりますが、正式には暗号通貨投資と言いたいです。

ただ、本サイトでは初心者の方にもわかりやすい解説を目指しており、現在日本で普及している仮想通貨という名称を用いています。

言葉は普及してしまった側が定着してしまうので、今後暗号通貨という名前が世間一般に普及するかは分かりません。

ですが、投資として用いられるのは暗号通貨という名称が多いので、暗号通貨という名称はしっかり覚えておきましょう。

以上、仮想通貨と暗号通貨の違いとは?に関しての記事でした。

参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!
(更新の励みになります)

 



【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です