アルトコイン

Lisk(リスク) 仮想通貨 買い方 購入できる取引所のオススメは?

Lisk

Lisk(リスク) 仮想通貨 買い方 購入できる取引所のオススメは?に関する記事です。

新時代の概念として注目されている

仮想通貨

現在、仮想通貨ではイーサリアムを筆頭に、「スマートコントラクト」という概念に注目が集まっています。

そして、イーサリアムの他にスマートコントラクト関連で注目を集めているのが

Lisk(リスク) 

です。

000037

仮想通貨は普及する前に購入しておき後々広まることがあれば、一気に値が上がる可能性があるので、普及の可能性を検証して、早めに買っておくのがおススメです。

今回は、「Lisk(リスク) とはどんな仮想通貨なのか」という話と、「Lisk(リスク) を購入できる取引所のおススメ」に関して紹介していきます。


スポンサーリンク



Lisk(リスク) とは?

000036

Lisk(リスク) は、イーサリアム同様、スマートコントラクトを実現させるためのプラットフォームです。

スマートコントラクトというのは、

契約や条件などを通貨に付与する仕組み

ブロックチェーン上で保管、検証、実行されるプログラム

などと言われてます。

(現状は専門家の間でもスマートコントラクトの定義の仕方は明確に統一されていないのですが、仮想通貨を語る上で本サイトでは上記のように定義しています)

ブロックチェーン上で、プログラムコードが色々な決まりを作成することで、世の中の様々な契約などが自動的に遂行されるような仕組みができるようになります。(スマートコントラクトで実現できることはもっと色々可能性があり一言では言い表せないのですが)

基本的にイーサリアムもliskもスマートコントラクトを実現するという目的に関しては同じですが、いくつかの違いがあります。

【イーサリアムとLiskの違い】

・Liskのプログラム記述言語は「Javascript」
・Liskの個別のアプリケーションは、サイドチェーンとして動く

イーサリアムがブロックチェーン専用のプログラム言語を使うのに対して、liskはWEBアプリケーション等で非常によく使われている「Javascript」を採用しています。

javascriptは技術者が非常に多いため、開発が容易に進みやすいと期待されています。

もう一つの「サイドチェーンとして動く」というのは一般にメリットがわかりづらいのですが、Liskのプラットフォーム上でつくった新しいアプリケーションにバグがあった場合に、そのアプリケーション単体で修正しやすいという特徴があります。

イーサリアムでは以前、イーサリアムのプラットフォーム上に作成したthe DAOという通貨にバグがあった際に、イーサリアム自体にも影響を与えました。

そのような事件があったため、現在、イーサリアムより優れたものを探している人たちにliskが注目を集めています。


スポンサーリンク



Lisk(リスク) を購入できる取引所

原状、日本でLisk(リスク) を購入できる取引所は

BitFlyer

です。

bitflyer

⇒bitflyerのサイトへ

bitflyerは取引量、ユーザー数、資本金が日本で一番ですし、大手会社が株主なので、現状一番日本で会社の安全性が高い取引所です。

bitflyer株主 bitflyer取引高

以前はコインチェックという取引所を紹介していましたが、現在ハッキングによる盗難事件が発生したため紹介を控えております。

以上、Lisk(リスク)  買い方 購入できる取引所のオススメは?に関しての記事でした。

参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!
(更新の励みになります)

 

【関連記事】

仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨と電子マネーの違いは?



【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です