ビットコイン

ビットコインETF否認!理由は?今後の可能性はどうなる?

ビットコインETF

「ビットコインETF否認!理由は?今後の可能性はどうなる?」についての記事です。

金融業界の仕組みを変えるかもしれないと期待されている

仮想通貨

仮想通貨の中でトップの普及率を誇っているのが

ビットコイン

です。

ビットコイン

そのビットコインの話で、今一番盛り上がっている話というのが

ビットコインのETFが誕生するのでは?

という話です。

(追記)

2017年 3/11 ビットコインETFの上場計画は否認されました。

今回は、ビットコインETFの話について書いていきます。


スポンサーリンク



ビットコインETFとは?

ビットコインETF

ビットコインETFとは

ビットコインを投資対象にした投資信託

です。

ETF(Exchange Traded Funds)というのが証券取引所に上場している投資信託のことを言います。

投資信託というのは、投資家から集めたお金を投資の専門家が投資・運用する商品です。

ETFとして上場された投資信託は、株や債券などと同じように取引されるので、従来から行われている取引とまったく同じようにビットコインに投資できるようになります。

ビットコインは管理面などがまだわかりにくい部分があって参入を控える人も多いですが、ETFが誕生すれば、

一気にビットコインの普及につながる!

と期待されています。

ビットコインETFの今の状況

(2017年3月11日追記)

ビットコインETFはBATS BZXという取引所での上場計画をアメリカの証券取引委員会(SEC)に提出していましたが、否認されました

ビットコインETFが否認された理由

米証券取引委員会は否認理由を以下のようにあげています。

  • 風説の流布などの市場操作を防止する環境が整っていない。
  • 投資家や利害関係者を保護する仕組みがない

まだビットコインが不安定な通貨であるという印象が拭えなかったという感じの模様。

ビットコインETFは今後どうなる?

今回ビットコインETFの上場は否認されましたが、まだビットコインETFの誕生が完全になくなったというわけではありません。

今回はウィンクルボス兄弟という投資家が作ろうとしたビットコインETFが否認されましたが、他にもビットコインETFを誕生させようとする動きがいくつかあります。

直近では、グレイスケールという会社がビットコインETFの上場計画を証券取引委員会に提出しています。

現状のビットコインの状況ではまだどうなるのかわかりませんが、近い将来にビットコインETFが誕生する機会はやってくるのではという期待感があります。


スポンサーリンク



まとめ

ビットコインのETFが上場するのはまだ早いという結論を出された感じですね。

ビットコインがより普及するためには、はやくとっつきにくさをなくすことが課題だと思うので、ETFが誕生することにはすごく賛成なのですが、不安定、かつ管理面の不安があることは確かです。

ETFとなる前に、まずはビットコイン自体としての課題を解決していかないといけないということでしょうかね。

以上、「ビットコインETF否認!理由は?今後の可能性はどうなる?」に関しての記事でした。

参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!
(更新の励みになります)

 

【関連記事】

仮想通貨ランキング最新情報

仮想通貨の種類一覧

仮想通貨と暗号通貨の違いは?

仮想通貨と電子マネーの違いは?



【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です