ビットコイン

ビットコイン クレジットカードの利用方法

ビットコインクレジットカード

ビットコイン クレジットカードの利用方法に関する記事です。

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

仮想通貨でナンバーワンの知名度なのが

ビットコイン

です。

ビットコイン

ビットコインは仮想通貨投資の基本なので、以下記事で詳しく書いています。

⇒ビットコイン投資で考慮すべきことの全て

ビットコインはかなり普及が進んでおり、クレジットカードと連携した利用方法が進んできています。

現在では、

「ビットコインをクレジットカードで買う」

「ビットコイン払いできるクレジットカード(デビットカード)を使う」

などの利用方法があります。


スポンサーリンク



ビットコインをクレジットカードで買う

ビットコインクレジットカード購入

ビットコインをクレジットカードで購入するというのは、現在かなりの取引所で可能です。

ビットコインの取引所では「CoinCheck」や「zaif」でクレジットカード購入が可能です。

⇒Coincheckのサイトへ

⇒zaifのサイトへ

(以下、coincheckでの購入画面)

ログインして、左メニュー画面より「クレジットカードで買う」を選択。

coincheckビットコインクレジットカード購入

購入は5000円以上から受け付けています。

coincheckビットコインクレジットカード購入2

スポンサーリンク



ビットコイン払いできるクレジットカード(デビットカード)を使う

ビットコインクレジットカード

現在、ビットコイン払いが可能なクレジットカードが増えています。

クレジットカードといっても、先にビットコインを指定口座に入れておく「デビットカードタイプ」のものです。

ただ、まだ日本企業が発行しているクレジットカードではなく、海外企業のクレジットカードを日本で使用することになります。

なので、日本円建てでの計算ではなく、ドル建て、ユーロ建てになります。

また、通常のクレジットカードでも海外発行のカードが日本では使えないことが多いのと同様に使えない店も多いのが現状です。

(VISA,MASTERカードなどに対応している店ならどこでも使えるかというとそうではなく、使えない店もあったりする)

なので、現状ではまだ日本では使い勝手は悪いみたいですが、ビットコインがいろんな店で使えるようになるための方法として、クレジットカードと連携して使えることが一番現実的な普及方法だとおもわれるので、今後爆発的な普及が期待されますね。

以下、現在日本から発行可能なクレジットカードを紹介していきます。

e-coin.com(e-coinはwirexと社名が変更されています)

https://wirexapp.com/

おそらく日本で一番有名なビットコインが使えるクレジットカードがe-coinです。

 

登録はメールアドレスだけで可能。

その後、発行カードを選びます。現在のところUSD、EUR、GBP決済の3つのカードが選べます。

プラスティックの物理カードは17USドル、ナンバーだけ所有するヴァーチャルカードは3USDになります。

ビットコインを送金して、事前チャージして使うタイプです。

Xapo

https://xapo.com

ウォレットから引き落とすタイプのカード。

事前のチャージが必要なく、ショッピングで利用するたびに、その利用額がUSD建てで上がってきて、それを時価でビットコインに換算します。

その換算額が、ウォレットから、その都度引き落とされることになります。

まとめ

ビットコインをクレジットカードで購入するのは、私もよく利用しています。

さくっと取引所に入金できるのですごく便利です。

ビットコイン払いのクレジットカードは現在申請して使ってみようとしている途中です。

使ってみて、使い勝手や感想に関してはまた本記事に追記していきたいと思います。

個人的には、ビットコイン払いのクレジットカードは今後どんどん普及していると見ています。

以上、ビットコイン クレジットカードの利用方法に関しての記事でした。

参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!
(更新の励みになります)

 



【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク

Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です