仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

モナコインとは? 取引所や購入方法 今後の相場チャートと将来性

   

☆★仮想通貨初心者の方へ★☆

以下ページにて仮想通貨とは何か?という説明と仮想通貨の買い方の手順をのせておりますのでご参照ください。


モナコインとは? 取引所や購入方法 今後の相場チャートと将来性に関する記事です。

 

新時代の概念として注目されている
仮想通貨

 

仮想通貨の中で、日本初の仮想通貨として注目を浴びている通貨として、

モナコイン

があります。

 

モナーコイン

 

最近、モナコインが異常な盛り上がりをみせています。

 

なので、今回はモナコインとはなんなのか?ということや、モナコインを買える取引所と購入方法、今までの相場チャートの推移や今後の将来性に関して書いていきます。

 


スポンサーリンク



モナコインとは?

モナコインとは

 

モナコイン(Monacoin)は巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」のソフトウェア板でMr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発された日本発の仮想通貨です。

 

2014年1月1日に流通がスタートしました。

 

通貨単位表記は「MONA」。

 

モナーとは「2ちゃんねる」で有名なアスキーアートのキャラクターです。

 

モナー

 

モナコインプロジェクトにより作成・公開されていますが、管理者がいるわけではなく、コインの発行・運営はしていません。

 

モナコインの説明としてニコニコ動画の以下の動画がわかりやすいです。

 

 

モナコインは、ライトコインをベースにして作られていますので、特徴がライトコインと似たものになっています。

⇒ビットコインとライトコインの違いは?

 

モナコインが作成された目的としては、2チャンネルなどのネット社会で、よい作品、よい意見に対して、ちょっとしたお金を渡す

「投げ銭」や「チップ」のような使い方をしたい

という考えがあります。

 

もともと開発者としては

  • 「あくまでゲーム内の通貨のようなもの」
  • 「換金性はない」

ようにしたいという思いがあったそうですが、現在では取引所で売買したり、ショッピングで使えるようにもなりつつあり、換金性を帯び始めています。

 

モナコインは通貨としての特徴はそこまでスゴイものがあるわけではありません。

 

なので、モナコインの特徴を考える上では、ビットコインと比較してみるのが一番わかりやすいです。

 

ビットコインに関しては別記事で非常に詳しく説明しています。

⇒ビットコインとは?基本事項完全解説

 

ビットコインとモナコインの違い

基本的にモナコインとビットコインはコイン特性、仕組みはほとんど同じです。

 

違う点はしいてあげると以下2点くらい。

  • 発行数(埋蔵量)が非常に多い
  • ウォレットの作成にツイッターアカウントだけでできるなど、非常に簡単にやり取りができるようになっている(ビットコインも比較的簡単だが)

 

発行数(埋蔵量)の違いに関しては、ビットコインが2100万枚であるのに対し、モナーコインは1億512枚と、非常に多いです。

 

そして、ウォレット(財布)の作成が容易で、だれでも簡単に作れるので、より匿名性が高いといえます。

 

▲目次に戻る

モナコインの購入方法

モナコイン購入方法

モナコインは今、「bitflyer」という取引所で購入できるようになったので注目が集まっています。

 

bitflyer

⇒bitflyerのサイトへ

 

bitflyerは日本で一番取引高が多い取引所です。

 

仮想通貨交換業者として金融庁の許可も取得していますし、大手企業が株主になっていることで特に安心感がある取引所です。

 

bitflyer株主

 

最近bitflyerでは、預けていた仮想通貨が盗難の被害にあった場合の「盗難保険」によって、最大500万円までの資産が守られているので、特に安心感が増しました。

 

モナコインを購入するなら、bitflyerが一番おすすめです。

 

bitflyerでのモナコインの購入方法は以下の通り。

 

①「bitflyerにログインした状態で、左メニューの「アルトコイン販売所」をクリック。

 

bitflyerアルトコイン販売所

 

②画面少し上部にある「モナコイン」をクリック。

 

bitflyerモナコイン購入1

 

③モナコインを買いたい数量分を入力し、「コインを買う」をクリック。

 

bitflyerモナコイン購入2

 

これでモナコインを購入することができます。

 

(購入するためにはbitflyerに購入するための日本円を入金しておく必要があります。)

 

▲目次に戻る

モナコインを購入できる取引所

モナコイン取引所

モナコインを購入できる取引所は最近になって増えてきました。

 

以下、モナコインを購入できる日本の取引所の一覧です。

 

【モナコインを購入できる取引所一覧】

 

今のところ、取引所ごとにそれほど特色があるわけではないので、今まで使用している取引所があればそこを利用すればよいかと思います。

 

(もうちょっと取引所ごとの違いがでてくれば、取引所ごとの比較なども追記していきます。)

 

▲目次に戻る

モナコインのチャート相場推移

モナコインチャート

モナコインの2014年から2017年10月現在までのチャート相場推移は以下の通り。

 

(以下はzaifで取引が開始された2014年5月以降のチャートです)

モナコインチャート相場推移2

 

注目ポイント 「2014年8月」

 

この時に今まで1MONA=3円くらいだったのが、一気に1MONA=99円まで高騰しました。

 

この時のモナコイン高騰の要因になったのが、

  • テレビニュース番組「ワールドビジネスサテライト」に取り上げられた。
  • 堀江貴文さんが「モナコイン買った」とツイートした

という2点だといわれています。

 

ただ、その後は特に使われることがなかったので、また値段はどんどん下落。

 

2016年には公開当初と同じくらいの1MONA=3円まで下がってます。

 

注目ポイント② 「2017年の4月」

 

これは仮想通貨全体が一気に高騰した時期です。

 

リップルやイーサリアム、ダッシュやモネロといった多数の仮想通貨が何十倍という値段高騰を記録していました。

 

それらの通貨と比較するとモナコインの高騰は約5倍くらいだったのでそこまで注目を集めませんでした。

 

注目ポイント③「2017年の6月から7月」

 

2017年の6月頃からは他の仮想通貨の多くは下落していたのですが、モナコインは逆に上昇していきました。

 

この時はビットコインがシステムをアップデートするために色々揉めている時でした。(ビットコイン分裂問題と言われています)

 

そして、ビットコインのアップデート方法の中で有力な方法が「SEGWIT」と呼ばれる手法だったのですが、モナコインはいち早くこのSegwitを取り入れることが決まりました。

 

そのため、ビットコインが揉めている中での退避先として、モナコインとライトコインという通貨が選ばれて値段が上がっていた模様。

 

かつ、モナコインは2017年の7月に「半減期」を迎えていました。

 

「半減期」に関しての説明は「ビットコインの半減期」を説明した記事を書いていますのでそちらを参照ください。

⇒ビットコイン 半減期とは?

 

半減期は仮想通貨にとっては一大イベントです。

 

価格が上がるか下がるかの判断は難しいのですが、大方の意見では、半減期によって通貨の希少性が増すので、値段が上昇する傾向があると言われています。

 

(ただ、結果としては半減期前の期待で値段が高騰し、実際に半減期を迎えたら値段は下落したというかんじになってますが)

 

注目ポイント④「2017年10月」

 

これは、日本最大の取引所である「bitflyer」がモナコインの取引を開始したからだと言われています。

 

異常な上昇を見せて、一時期、1MONA=300円を超えてきました。

 

2016年の値段が1MONA=3円だったので、1年もたたない間でなんと100倍以上の値上がりを見せています!

 

最近の仮想通貨は大手の取引所が取扱を始めたというだけで一気に値段を伸ばす傾向があります。

 

日本で特に有名な取引所である「bitflyer」「コインチェック」「zaif」などが新しい通貨を取り扱うとなったら要チェックですね。^^

 

▲目次に戻る


スポンサーリンク



モナコインの今後の将来性

モナコインの今後の将来性

個人的な意見としては、モナコインに関しては

今後の将来性には特に期待はしていない

です。

 

モナーコインはどちらかというと、ドージコインのように「シャレで作られた仮想通貨」という趣きが強いです。

(ドージコインの説明は別記事にて)

⇒ドージコインとは?

 

仮想通貨として取引所でもやり取りされているので、換金性も備えており、値上がりを期待して投資対象とみなす人も多いですが、モナーコインの本来の目的であるネット内での「チップ」として使用するという考え方だと、値上がりしたり、換金性の高い通貨となってしまうと、チップとして使いづらくなるのではという懸念もあります。

 

しかし、日本人からすると「日本発の仮想通貨」として注目を集めています。

 

また、ホリエモンこと堀江貴文氏がテレビやネットで語ったりしたことで、日本ではすこしずつ注目が集まっている通貨になっています。

 

 

日本の取引所ではモナコインを扱う取引所も増えてきていますし、今日本は仮想通貨の投資の需要はスゴイので、誰か有名な人が焚き付ければ値段は上昇するかもしれないとは思います。

 

ただ私としては、モナコインの今後の使用用途というのがあまりよくわかりませんし、他の仮想通貨と比べてすごい特性があるわけでもないので、今後の未来を大きく変えるような通貨ではないと考えています。

 

投資対象としての通貨ではなく、日本発、2ちゃん発の通貨がどういう浸透をしていくか気になる存在として見ています。

 

以上、「モナコインとは? 取引所や購入方法 今後の相場チャートと将来性」に関しての記事でした。

 

仮想通貨投資の基礎を学ぶには、仮想通貨の元祖であるビットコインを正確に理解することが大事ですね。

 

ビットコイン投資に関して知っておくべき情報をまとめましたので、仮想通貨投資の基礎を身につけたい人は御覧ください。
⇒ビットコイン投資をする上で必須の情報まとめ



参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)

 

【関連記事】

ビットコインとイーサリアムの違いは?

ビットコインとライトコインの違いは?

ビットコインとビットキャッシュの違いは?

仮想通貨と電子マネーの違いは?

仮想通貨と暗号通貨の違いは?

 


スポンサーリンク




【仮想通貨投資のために読むべき記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンクNEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク




Facebookでは仮想通貨だけでなくフィンテック(金融テクノロジー)の最新ニュースをお届けしていますのでフォローいただけると幸いです



 - モナコイン