仮想通貨投資入門

仮想通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。本サイトでは、仮想通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、仮想通貨投資のメリット、デメリット、投資する仮想通貨の選び方などを紹介する仮想通貨投資の入門サイトです。

*

ビットコインゴールドとは もらえる取引所は?価格予想と購入方法

   

☆★仮想通貨初心者の方へ★☆

以下ページにて仮想通貨とは何か?という説明と仮想通貨の買い方の手順をのせておりますのでご参照ください。



ビットコインゴールドとは?もらえる取引所は?価格予想と購入方法に関する記事です。

 

今もっともアツい投資商品である
仮想通貨

 

仮想通貨の先駆けであるビットコインのニュースで話題になっているのが

ビットコインゴールド(BTG)

なるものです。

 

ビットコインゴールド

 

ビットコインゴールドに関しては

  • ビットコインゴールドって勝手にもらえるって本当?
  • ビットコインゴールドがもらえるのっていつ?
  • というかそもそもビットコインゴールドってなに?

という質問をいくつか頂きました。

 

なので今回は、ビットコインゴールドとはなんなのか?ということや、ビットコインゴールドをもらえる条件や購入できる取引所、現状推測できる価格予想に関して書いていきます。

 


スポンサーリンク



ビットコインゴールド(BTG)とは?

ビットコインゴールドとは

ビットコインゴールド(BTG)はビットコイン(BTC)から新たに分裂して生まれると言われている仮想通貨です。

 

ビットコインをマイニングしている企業である香港のLightningASIC社のCEOJack Liao氏が進めているプロジェクトの模様。

 

ビットコインゴールドに関しては公式サイトが存在し、そこで詳細が記載されています。

⇒ビットコインゴールドの公式サイトへ

 

「マイニング」という言葉がわからない場合は以下のビットコインの記事にて記載しています。

⇒ビットコイン投資の基本事項完全解説

 

今までのビットコインと何が違うの?というのが気になるところですが、表明されている変更点としては簡単にいうと

マイニング(採掘)に個人や小規模な企業が参加しやすい仕様にする

というものです。

 

一般のビットコイン利用者にはよくわからない仕様変更かと思いますが、ビットコインの一つの問題点を解決するための改善案という感じです。

 

(補足1)

以下、専門的な言葉で説明すると

POWのアルゴリズムをSHA256からEquihashに変える

というものです。

 

この変更によって、「ASIC耐性」というものがつきます。

 

今までのビットコインはASICという特別な集積回路を積んだコンピュータでしかマイニングできないものとなっていましたが、この変更によって、通常のコンピュータが積んでいるGPUなどでもマイニングができるようになります。

 

今のビットコインの問題点として、一部のマイナーのマイニング比率が高まっていて中央集権化が進んでいるという意見があり、ビットコインゴールドではよりマイナーが分散化するような仕組みを取り入れるという狙いのようです。

 

(補足2)

今ビットコインの分裂問題で騒がれている中で「B2X」というものがありますが、ビットコインゴールドとは関係がない別の問題です。

 

どちらかというと「B2X」のほうが重要な分裂問題で、ビットコインゴールドはそれほど注目されていない分裂問題です。

 

「B2X」の分裂問題はまだはっきりしたことがわかってない状態なので、もう少し詳細がわかれば記事にしたいと考えています。

 

▲目次に戻る

ビットコインゴールドがもらえる時期と条件

ビットコインゴールドもらえる

ビットコインゴールドは2017年10月25日にリリースし、11月1日に取引所公開が予定されています。

 

なので、ビットコインゴールドがもらえる条件としては

10月25日時点でビットコインゴールドの配布を表明している取引所やウォレットでビットコインを保有する

というものになります。

 

条件を満たせば、11月1日以降で、保有しているビットコインと同数のビットコインゴールドが配布されます。

(配布時に何か作業をしなければならないかは各取引所やウォレットによって異なる)

 

なので、ビットコインゴールドをもらいたい場合は自分がビットコインを預けている所がビットコインゴールドの取扱を予定しているかが重要になります。

 

ウォレットに関しては取扱の表明はなかなかしてくれないところも多いですが、一番確実なのは

ビットコインの秘密鍵を自分で管理できるウォレットに置いておく

ということです。

 

ハードウェアウォレットの「trezor」や「LedgernanoS」などはビットコインの秘密鍵を自身の端末内で保管しており、ビットコインゴールド用のウォレットが出来上がった際に秘密鍵さえあれば、そのウォレットで保有が可能になります。

(秘密鍵さえあれば、そのウォレットが対応していなくても別の対応しているウォレットに移すこともできるはず)

 

Copayなどのウォレットも秘密鍵が暗号化されていて、暗号化解除をして取り出すことができるのでおそらく大丈夫かなと思います。

 

※以前のビットコインキャッシュの分裂事例を基に予想したもので、絶対大丈夫とは言い切れないですが。

 

取引所に預けているビットコインに関しては「取引所の対応にゆだねる」ことになります。

 

▲目次に戻る

ビットコインゴールドへの各取引所の対応状況

ビットコインゴールド取引所

以下、日本で有名な各取引所のビットコインゴールドへの対応状況について書いています。

 

Bitflyer

bitflyer

⇒bitflyerのサイトへ

 

Bitflyerに関しては「基本的にはビットコインゴールドを取り扱う予定」という表明をしています。

 

ただ、「懸念点があれば取扱をしない場合もある」という逃げ道も残しています。

 

【Bitflyer社対応スケジュール】
 日時(日本時間)
 対応(予定)
 10 月 25 日 21:00 頃(予定)
【数量決定】
 
この時点でお客様がbitFlyerアカウントで保有しているビ ットコイン現物の数量3に応じて付与されるBTG の数量が決まります。
 未定(11 月 日以降) 
 
【BTG の付与、売買サービスの提供開始】
 
11 月 1 日(予定)の BTG ブロックチェーン稼動後、BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買サービスの提供を開始します。
 未定(分岐後の BTG チェーンの動向をみて判断します。)
【BTG のお預入・ご送付サービスの提供開始】
 
BTG 分岐後の BTG ブロックチェーンの動向をみて、BTG のお預入・ご送付サービスの提供を開始します。

引用:https://bitflyer.jp/pub/announcement-regarding-bitcoin-gold-fork-ja.pdf?top_link

 

Bitflyerに関しては、ビットコインキャッシュの分裂の際もいち早く対応して売買できるようにしていた実績があります。

 

今回もすぐに配布と売買に対応してくれる可能性があるので、ビットコインゴールドが付与されてすぐに売却しようと思っている人にはオススメの取引所かとおもいます。

 

CoinCheck

coincheck

⇒CoinCheckのサイトへ

 

CoinCheckもbitflyerと同様に「基本的にはビットコインゴールドを取り扱う予定」という表明をしています。

 

ただ、「懸念点があれば取扱をしない場合もある」という逃げ道をかなり強く主張しています。

 

対応方針

このたびのBitcoin Goldに係る分岐に際し、CoincheckではBitcoin Goldの付与を行う予定です。しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

Bitcoin Goldの付与日時について

弊社にてBitcoin Goldの安全性・安定性の確認後、付与を予定しておりますので、現時点で付与の日時は未定となります。ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

引用:https://coincheck.com/blog/4512

 

Zaif

zaif

⇒zaifのサイトへ

 

zaifでは、「基本的にはビットコインゴールドは取り扱わない」という姿勢を出しています。

 

ただ、状況によっては取り扱う場合もあるという含みも入れています。

 

BTGにおける対応について

下記の可能性があるため、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。
BTGの付与をしないと判断した場合であっても、Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

※1:BTGのリプレイアタック対策が不十分なことに起因する、こちらで意図しない移動についてはこの限りではありません。

 今後のBTGにおける対応について

弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

引用:https://corp.zaif.jp/info/7025/

 

取引所のビットコインゴールド対応の特徴について

基本的にはどの取引所も「リプレイアタックに対する対策」という部分を気にしているようです。

 

「リプレイアタックに対する対策」というのは簡単にいうと、分裂してできた新しい通貨が元の通貨に影響を及ぼさないようにする対策のことです。

 

この対策をしておかないと新しい通貨のバグなどによって、分裂前の通貨が不正に抜き取られるみたいな事態が発生する可能性が出てきます。

 

ビットコインゴールドはこの対策をする計画で進んでいるようですが、まだ未実装ということなので取引所は警戒をしている模様。

 

また、ビットコインゴールドはあまりに支持する人が少ないようで、分裂した後ちゃんとマイナーが参画してシステムを維持してくれるのかも気になる部分です。

 

▲目次に戻る

ビットコインゴールドの購入方法

ビットコインゴールド購入方法

※2017年11月1日以降にならないとビットコインビットコインは購入できません。

 

11月1日以降になれば、取引所が現れればビットコインゴールドを購入することができます。

 

bitflyerは売買サービスを提供することを公表していますし、ビットコインキャッシュの時も素早く売買サービスを開始したので、すぐに売買したい場合はBitflyerを利用するのが良いかと思います。

(今回も素早く対応対応してくれるかどうかはわかりませんが)

 

bitflyer

⇒bitflyerのサイトへ

 

また、海外の取引所ではビットコインゴールドに対応すると公式サイトで表明されている取引所も幾つかあります。

⇒ビットコインゴールドの公式サイトへ

(あまり有名な取引所ではないので私は使ったことがないのですが)

 

▲目次に戻る

ビットコインゴールドの価格予想

ビットコインゴールド価格予想

ビットコインゴールドのことで一番気になることとしては、

分裂後に価格がどれくらいになるのか

ということだと思います。

 

もちろん、実際に分裂してみるまでは明確なことはわかりませんが、「BitStar」という取引所ではどうも現状のBTCをBTCpとBTGというものに擬似的にスプリットして取引を開始している模様。

 

以下、BitStarでのBTG/BTCのチャートです。

ビットコインゴールドのチャート1

⇒BitStarでのBTG/BTCのチャート

 

あと「BLEUTRADE」という取引所でもBTG/BTCのチャートが見られます。

ビットコインゴールドチャート2

⇒BLEUTRADEでのBTG/BTCのチャート

 

※「BitStar」と「BLEUTRADE」という取引所に関しては私も初めて知る取引所なので、どんな取引所か知りませんのでご注意を。

 

上記を見る限りはビットコインゴールドは対ビットコインで1BTG=0.045~0.07あたり。日本円でいうと

1BTG=3万円~5万円

くらいになりそうな気配です。

 

ただ、前回のビットコインキャッシュ同様に、配布されて売買できるようになったらすぐに売却するという人も多いかと思いますので値段は乱高下するかと思います。

 

実際に公開されて値段が出た際にまた記事に追記していきます。

 

▲目次に戻る


スポンサーリンク



まとめ(個人的感想)

個人的にはビットコインゴールドは別の分裂問題の際にぽっと浮上してきた

よくわからない通貨

という印象で特に期待はしていません。

(B2Xへの分裂問題のほうが気になる問題なので)

 

ただ、ビットコインキャッシュが分裂した時には、ビットコイン値段はさほど変わらず、ビットコインキャッシュもある程度値段をつけたので、

分裂したらタダで新しい通貨がもらえる

ということでビットコインの値段が上昇している模様。

 

正直あまり変な分裂ばかりをするようだと、ビットコイン自体の信頼性にも疑問を感じてしまうのであまり良い傾向だとは思えないのですが、ビットコインを投資対象としている分にはどうしても気になってしまいますね。

 

以上、「ビットコインゴールドとは?もらえる取引所は?価格予想と購入方法」に関しての記事でした。

 

参考になった!という記事があればシェアいただけると嬉しいです!(更新の励みになります)






【仮想通貨の初心者に読んでほしい記事一覧】

仮想通貨投資入門初心者ページリンク 仮想通貨最新ランキングページリンク ビットコイン投資完全解説ページリンクイーサリアムの購入方法や将来性ページリンク リップルコインの購入方法や将来性紹介リンク NEM(ネム)XEMの購入方法と将来性紹介リンク


スポンサーリンク


 

【関連記事】

ビットコイン投資の基本事項完全解説

イーサリアムとは?基本事項解説

リップルとは?基本事項解説

 



Facebookでは仮想通貨の最新ニュースをお届けしています






 - ビットコイン